私が不安障害を克服するまでの道のり

私は心療内科で抗うつ不安障害と診断されました。ですが実際はパニック障害やうつ病の症状など様々なものに当てはまっており、実際はこれらの病気を併発していたと考えられます。私はあらゆる方法を試し克服していきましたが、それまでの道のりや改善方法を綴って行きます。
 

2013年11月15日

不安障害を克服する為に薬は必要??



私は心療内科で抗うつ不安障害と診断され、
ソラナックスという薬を処方されました。

本当は精神安定剤のような薬に依存したくなかったので、
なんとか自力で治したかったのですが、
3ヶ月ほど経過してもパニック発作が治まらなかったので
仕方なく病院で薬を処方してもらう事にしたんですね。

確かにソラナックスを飲むようになってからは
パニック発作が出る事はなくなりましたし、
不安障害の症状もやわらいでいきました。


ただそれと同時に副作用の症状も出たんですね。

それはどういうものかというと、
やる気が出ないとか、いつも眠い、ダルいという状態です。

集中力も続かないし、疲れやすいというもの顕著に現れました。


そして、数年間経過した現在では完全に薬をやめましたが
パニック発作などが出る事はなくなりました。

しかし、発作はなくても不安障害の症状はつい最近まで
出ていたという事実があるんですね。


私がそれを乗り越えて不安障害を完治させた方法は
気功やヨガ、ストレッチやアファメーションなど様々なものがありますが、
ひとつは首の筋肉を正常かさせるという方法でした。

パニック障害や不安障害は首こりが原因という説を知り、
そこから改善に向けて努力したのですが、
これが効果テキメンで今は殆ど不安障害の症状が出ていません。


こういった私の経験から思うに
薬は一時的に症状を緩和させる効果はあるけれど、
根本的に不安障害を完治させるのは難しいということです。

まとめると、完全に健康な状態に戻りたいのなら
最初は薬を使っても良いけれど、
根本的な原因を取り除く必要があるということですね。
posted by masunada at 18:09| Comment(0) | 抗不安薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。